レバレッジ幅を確認!初心者でも安心して楽しめる海外fx

海外fxを始める際の心得

海外fxを始める際の心得としては、自分のルールをしっかりと守るということです。
fxはどこでするにしても自分のルールを決めてその範囲内で取引しないと、投資ではなく場当たり的なギャンブルになってしまいます。

海外fx初心者が押さえておきたいポイント

株式

サポート体制の確認は必須

海外fxにおいて使用する海外fx業者のサポート体制はしっかりと確認しておきましょう。
基本的には英語、業者によっては日本語に対応しているので、英語が出来ないという人の場合は日本語に対応しているかは要チェックです。

レバレッジの高さの確認

海外fxの魅力の一つとなっているレバレッジの高さですが、国内は25倍の規制がありますが海外は規制がないので数百倍や1000倍といったものもあります。
どの程度のレバレッジがかけられるのかは事前に確認しておきましょう。

ボーナスはあるのかどうか

海外fxでは入金額に応じてボーナスが付与されるケースがあります。
ボーナスは証拠金にしか使えませんが、証拠金に使えるということはそれだけリスクを抑えられることに繋がりますので、ボーナスがあれば投資の幅が広がります。

追証は必要ありません

海外fxは追証が必要ありません。したがって、リスクは証拠金のみとなりますがレバレッジをかけるとちょっとした値動きで証拠金が足りなくなってしまいます。
追証が必要ないとはいえ、資金の管理はしっかりと行わなければなりません。

レバレッジ幅を確認!初心者でも安心して楽しめる海外fx

通貨

海外fx業者の選び方について

海外fx業者の選び方ですが、何を重視するのかによると言えます。よりダイナミックな取引をしたいと考えている人にとっては高いレバレッジをかけられる海外fx業者を選ぶのが大切です。英語が出来ないという人であれば、日本語対応の海外fx業者を選ぶという形です。どれか一社に絞らなければならないという訳ではないですが、慣れるまでは一社で取引をした方が無難なので、自分の中で何がプライオリティの上位に来るのかを決めることが業者選びには必要となります。

硬貨

海外fxの口座開設で必要なもの

海外fxの口座開設で必要なものですが、口座開設の方法自体は国内のfx業者と大差はなく、ウェブサイト上の口座開設のページから必要事項を入力し申し込むだけです。ローマ字入力や住所の表記順、電話番号の国番号追加などが異なる程度です。
本人確認は郵送ではなく、必要書類の画像をアップロードするだけです。必要書類は運転免許証やパスポートなどの本人確認書類と、住所証明書類です。ただし、この2つは別のものを用意する必要があるので注意です。

男性

海外fx口座開設の流れ

海外fx口座開設の流れですが、開設したい海外fx業者のウェブサイト上に「口座開設」のページがあるのでそこをクリックします。
多くの海外fx業者においていくつかの口座プランが用意されています。自分の開設したい口座を選択し、住所氏名などの個人情報や審査に必要な情報を入力し申し込むだけです。本人確認は申込後にログインしてから行うというケースがほとんどです。
郵送物などがないので国内fx業者よりもスピーディーに開設することが出来ます。

海外fxと国内fxの違い

レバレッジの高さが違う

海外fxはレバレッジが1000倍以上も可能ですが、国内はかつては数百倍にも対応していたものの現在は規制が入り25倍が上限となっています。
海外fx業者が国内で認可を受けないのはこのレバレッジ規制を避ける意味合いが強いです。

追証の必要がなくリスクが限定的

急激な値動きがあった場合など、国内の場合は追証といって追加で証拠金が必要なことがあります。
しかし、海外fxは証拠金が不足したとしても業者の方で補填してくれるので、最大で損をしたとしても証拠金の分だけとなります。

広告募集中