レバレッジに注目~失敗しない海外fx会社の選び方~

硬貨

海外fxの特徴

海外fxと国内の大きな違いとしては2つあります。
一つ目は、海外はレバレッジの幅が非常に広いということです。国内は25倍までのレバレッジに規制されていますが、海外の場合はその規制の範囲外になるので最大で1000倍程度のレバレッジをかけることが出来ます。
二つ目は、海外は追証が必要なくリスクが証拠金の範囲内であるということが言えます。国内の場合、急激な変動があった場合に証拠金が不足して追証とよばれる追加の証拠金が必要になることがあるのですが、海外の場合は業者が補填してくれるので追証の必要がありません。

男性

海外fxが人気の理由

海外fxが人気の理由としてはレバレッジの幅が広いということで、ダイナミックな取り引きを行えるという点が挙げられます。レバレッジが1000倍であれば1万円でも1000万円の取引が行えるということでハイリターンが期待できるのです。
また、海外fxの業者の場合キャンペーンが非常に充実していて、口座開設キャンペーンや入金キャンペーンなどによって様々なメリットを受けることが出来ます。場合によってはキャンペーンによってノーリスクで取引を開始することも可能です。

スマホ

高レバレッジで取引する際に気をつけたいこと

高レバレッジで取引する際に気をつけたいこととしては、ハイリターンが期待できるということはそれだけリスクも高いハイリスクハイリターンであるということを認識するということです。海外fx業者は、追証なしのゼロカットシステムという制度を導入しているので、どれだけ負けても借金を背負う心配は一切ありません。しかし、入金した分のお金がゼロになってしまう可能性は十分あります。レバレッジをかければかけるほど、ちょっとした変動でも大きな影響を受けることになるので注意しなければなりません。

[PR]
海外FXの口座開設を申し込み
2分で登録ができちゃう

海外fxと仮想通貨投資の違い

海外fxは法定通貨の取引

海外fxはどのようなペアで取引を行うとしても、その対象はあくまでも法定通貨で日本円やアメリカドルなどになります。
これらの法定通貨は金銭債務の弁済手段として用いることができる法的効力を有しているというのが最大の特徴でしょう。

仮想通貨は値動きが激しい

近年注目を集めている仮想通貨取引ですが、fxなどと比較して圧倒的に値動きの幅が大きいです。
法定通貨が1日で何十%も値動きするということは基本的には無いですが、仮想通貨の場合はそういった値動きが1日に何度も起きたりすることがあります。

[PR]
Bitbankの評判を徹底解説!
資産運用を成功させよう☆

初心者はきちんと勉強をしてから始めよう

海外fxなどの投資においては、最初にある程度きちんと勉強しておくということが大切です。経験しないと学ぶことが出来ないものは取引しながら学んでいくしか無いですが、基礎的な知識は事前に勉強が可能です。勉強しないで取引するのは投資ではなくギャンブルになってしまいます。

初心者にお勧めしたい優良海外fx業者の特徴

株式

日本語でサポート対応

海外fx業者は非常に数が多いですので、日本語に対応しているところとそうでないところに分かれます。
特にサポートが日本語に対応していないと、英語が出来ない人はかなり厳しいでしょう。特にfxの場合、専門用語などが必要になることもあるので日本語対応は重要です。

キャンペーンが充実している

海外fx業者はキャンペーンが充実しているかどうかも重要です。
口座開設時はもちろんですが、口座開設後に入金するだけで証拠金としてボーナスが付与されるなどもありますので、そういったキャンペーンがあれば実際に取引できる額が上がります。

約定率(約定力)が高い

取引を行う上で、指定した取引がきちんと行えるということは非常に重要です。
事件やイベントなどが発生した時は取引が集中するため、脆弱なサーバーでは取引が行えないケースもあるので、約定率(約定力)の高さは重要になります。

取引する通貨のスプレッドが狭い

海外fxでどのような通貨で取引を行うかにもよりますが、取引する通貨のスプレッドが狭いのは取引する上でかなり有利になります。
全通貨バランス良くスプレッドが狭いのが理想ですが、自分が取引する通貨は特にチェックしたいポイントです。

国内銀行に送金対応している

海外fxの業者によっては、国内の銀行への送金に対応していないケースもあります。
せっかく利益を出すことが出来ても出金することが出来なければ意味が無いので、国内の銀行に送金対応しているかどうかは重要なポイントです。

[PR]
仮想通貨取引所を海外で利用
事前に情報を調べよう

広告募集中